レポート

【子連れ海外のコツ】初めての飛行機編

親子留学にご参加される方から、必ず聞かれる
「子どもがまだ小さいし、飛行機が不安です。機内で騒いだりしたらどうしよう。」
「フライト時間が長いし、機内でどう過ごしたらいいんでしょうか?」
「子どもが初めての飛行機です。すべてが心配・・・」
などなど、いろんな不安や心配なことのご相談を受けます。

小さな子ども連れ(幼稚園児くらいまで)の飛行機は、何かと不安要素がたくさんありますよね!
私も全く同じ思いをしてきましたので、お気持ちが痛いほどよ〜〜〜くわかります。

では、これまでに私自身が経験したことや実践してきたことなども踏まえてお伝えいたしますね^^

私自身、子連れ飛行機は上の子が2歳、下の子が生後4ヶ月の時に初めて経験しました。
この時は「もう絶対飛行機に乗りたくない!!!」と思ったほど大変で。。。
上の子は機内を永遠に散歩・・・・・そして泣く泣く泣く・・・
事前に準備していたおもちゃや絵本、お絵かきにスナック、すべて離陸して1時間もせずになくなりました。。。
どうしてこんな事態になってしまったのか?
そうならないためのポイントが5つあります。

ポイント①
飛行機に乗る1ヶ月前〜2週間前くらいから、飛行機に乗ることを子どもに伝える。
その時に、飛行機の中ではどんな風にして過ごすのか、を説明しておく。
飛行機に乗るまで毎日伝え教える。

ポイント②
当日は早めに空港へ着くように出発する。
チェックインを済ませて、キッズスペースで子どもを思いっきり遊ばせる。

ポイント③
搭乗時間になったら搭乗はできるだけ一番最後にする。

ポイント④
機内で遊ぶおもちゃやスナック類はフライト時間を考えて小出しにする。

ポイント⑤
パパ・ママの心を整える
「安心して大丈夫!!!!!」のマインドでいる。

 

この5つのポイントをしっかり抑えていれば、ほぼほぼ大丈夫です^^
私が初めてのフライトの時にはポイント①④⑤ができていませんでした。
「今度、飛行機に乗るよ〜!飛行機の中では座っていないとダメだよ」
これだけしか伝えておらず、また機内に乗り込んだらおもちゃにスナックにと、飽きたらチェンジ
騒いだらチェンジとしていたので、準備していた物があっという間になくなってしまったのでした。
そして、出発前から出発当日も抱いていた「大丈夫かな???」という不安や思いが敏感な子どもに
ビリビリと伝わっていたのだと思います。

ポイントを抑えておくと、大人も子どもも楽しいフライトになります^ ^
機内に乗り込む前にしっかり体を動かすと子どもも疲れてしまって機内ではじーっと静かにしててくれたり
お昼寝してくれたりなんてことも✨

機内食も子どもミールに変更ができますので(事前予約が必要)、子どもが喜ぶ物がたっくさん!!!

小学生くらいになると、自分たちで遊んだりお勉強したりして過ごしています。

事前にしっかり話しておけば、こんなに小さな子どもでもとっても頼りになります!!!

ぜひ、このポイントを1つでも実践してみてくださいね!
そうすると、子どもも大人もストレスなく、きっと楽しいフライトになると思います^^

 

 

関連記事

  1. N家(レンくんベトナムで新しいお友達と遊ぶ)3日目
  2. サイゴン動植物園へ(2日目 トラブル発生!?)
  3. 【ベトナムでの食事】どんな物があってどんな物が食べれるの?
  4. N家(レンくんサイゴン動物園へ)2日目
  5. 清田家(ママと男の子5才と8才)の体験談&感想 
  6. N家(レン君ホームシック)6日目
  7. N家(レンくんベトナムで初のバイク)1日目
  8. 冬のプログラムスタート!!!

最新記事

募集情報

ベトナム基本情報

エッセイ

レポート

PAGE TOP